大阪 賃貸を斬る!マンション、アパートなどいろいろな種類をご紹介

大阪の賃貸マンションについて

大阪のある駅から徒歩15分位の場所に、2DKの広さの賃貸のマンションが存在します。現在、入居者を募集中です。

賃料は3万円です。その駅で2DKで3万円という価格は、ほぼ相場という事になります。少なくとも私が現在住んでいる物件に比べると、遥かに広い間取りとなっています。

全般的な雰囲気としては、洋風と言うよりも和風の物件です。意外と賃貸には和風の物件は少ないので、非常に珍しい部類に該当します。日当たりも南西なので、決して悪くないという事になります。

個人的には悪くないと思います。現在は東京に住んでいますので、大阪に引っ越したら居住するかもしれません。

ロフト付きのお部屋には賃貸マンションでも住める

1人暮らしの場合、ワンルームの賃貸マンションやアパートに住むのが一般的ですが、稀にロフトがついたお部屋があります。2,3畳程度の広さのところが多いですが、あるだけでかなり雰囲気が変わりますし、物が多い人は物置にしたり、布団をひいて寝るスペースにすると大分部屋が広く使えます。

ロフト付きの部屋は賃貸マンションだと少ないですが、デザイナーズ物件等にたまにあります。

探し方としては、インターネットの賃貸マンション検索サイトでオプションとして検索できるサイトもありますし、アプリでも探すことができます。家賃はあまり変わらないことが多い為、ぜひ探してみましょう。

賃貸住宅にはどんなものがあるのか

賃貸住宅には、現在ではさまざまなものが登場しています。

そもそも一方が賃料を取って、物を相手に貸すことを賃貸といいます。呼び方としては、「ちんたい」や、そのまま「ちんがし」と呼ぶこともあります。つまり住宅となると、一方が住宅を相手方に貸して、賃料を取るということになります。

それでは、どのような住宅があるのかというと、主にマンションやアパートが存在しています。そしてこの2つには違いがあり、それは建物の構造になります。マンションには階数制限がありませんので、そこがアパートとの大きな違いになるでしょう。

賃貸に住むときに必要な敷金

敷金は賃貸契約時に必要な、お金のひとつです。部屋を借りていれば、襖が破れたりします。その修繕費用が敷金から退去時に差し引かれて、残りを返してもらいます。

今では「敷金ゼロ」の物件も数多くありますが、敷金が必要な物件もまだまだ多くあります。 敷金自体家賃三ヶ月分くらいと、結構多く、次の転居時に当てにしたいお金です。そこで、退去するときに、敷金を返してくれないから退去しない、と言えるでしょうか?という問題があります。

法律用語で同時履行の抗弁権と言われるものです。結論から言うと、敷金返還と部屋の明け渡しは同時履行の抗弁ができません。ですから、転居はゆとりを持った資金計画でいきましょう。

大阪全域、梅田周辺の賃貸マンション、賃貸事務所を会社帰りに探すなら

梅田のホームメイト梅田HEP前店 有限会社住地不動産

〒530-0017
大阪府大阪市北区角田町6-11

大阪市営御堂筋線 梅田駅
東海道・山陽本線 大阪駅
大阪市営谷町線 東梅田駅

http://www.ju-chi.jp/

賃貸マンション関連

賃貸を斬る!~種類編~へのお問い合わせはこちらへ。マンション・アパート・貸家・コーポ・ハイツといった種類から、新築や築浅の物件、ファミリー向けや一人暮らし向け賃貸マンション物件などの様々なスタイルについても掘り下げていきます。

ページのトップへ戻る