大阪 賃貸を斬る!マンション、アパートなどいろいろな種類をご紹介

貸家

借家(しゃくや)とは、借りた状態の住宅のこと。

物件の所有者から見た場合は貸家(かしいえ)という。
なお、物件の所有者を家主(やぬし)という。

通常、物件の所有者に家賃を支払う。
(Wikipediaより引用)

どうやら「貸家」から「借家」に転送されたようです。

貸す側からの言葉か借りる側からの言葉かだけの違いだと思いますが、とりあえず「家を貸し借りする」ということは間違いないです。

最近よくある分譲賃貸もある意味では貸家なのかもしれませんが、自分の勝手なイメージではやはり一戸建てを借りることだと思います。

賃貸と分譲を比べる
「住む」ということに関しては賃貸マンションでも分譲マンションでも同じです。ただそこが「自分の家」かどうかということです。

分譲マンションのほうが賃貸マンションに比べて月額費用が安い場合も多く、その場合なら分譲にしてしまったほうが得なのは確かです。しかし、一度買ってしまった物件に関しては、そこに住み続けるというのが前提になります。

万が一引越ししなければならなくなったとき、不動産会社を通して売ることはできるのですが、やはり買ったときの金額と比べると半額以下になるのは当然です。

住んでいた年数が長くなればなるほど資産価値も下がり、びっくりするくらいの安値を告げられることも…家を買う場合は、慎重すぎるほど慎重に。

最寄駅から徒歩5分以内の賃貸物件の特徴

不動産の広告では、駅から物件まで歩いて何分かかるかが明記されており、駅からの所要時間は賃貸物件を選ぶ際の重要な事項になります。

徒歩1分は80メートルになりますので、徒歩5分だと駅から約400メートルということになり、駅からはかなり近いということがわかります。駅から歩いて5分以内の物件は駅チカの物件と呼ばれており、駅チカの賃貸物件の人気は非常に高いです。

大阪では駅チカの賃貸マンションの人気が高く、家賃が多少高くても入居希望者が殺到します。人気の高い大阪の駅チカの物件に入居するには、早めに契約を締結することが大切です。

ページのトップへ戻る